就職・開業応援サイト

リフレクソロジー成功への道

リフレクソロジストへの道

8. 顧客心理を教えてくれるか?

投稿日:

■ これもリフレクソロジーを仕事としていく上で、卒業後サロンに就職しようが開業しようが、施術テクニックよりも、重要かと思われるものです。

リフレクソロジストは、生身の人間を相手にするのです、パソコンを相手にするわけではありません。

ですから、難しいのです。 お客様は、十人十色。
足裏の様子だって様々ですし、顧客としての心の動きもワンパターンではありません。

■ お客様の階層別に、消費行動は違う。

リフレクソロジーに限らず、どんな業種でも一般的には、顧客の階層は次のように区分されます。

  ① 見込み客  ② 新規客  ③ リピート客  ④ ファン客

その4分類は、すでに時代遅れといえるかと思います。
お客様は多様化していきているのです。
 
Christopher.R では、ある大企業さんのノウハウを取り入れており、お客様を4区分ではなく、昨年の秋から 10区分にしています。

お話が複雑になるので、ここでは4区分でお話していきますが、この4区分のお客様はそれぞれ、消費行動が異なります。

実際には①の見込み客は、あなたのサロンに興味を持っているだけで、実際には、来店していません。 

ただ、④のファン客でも、最初はみな、「見込み客」から出発するのですからこれを無視することはできません。

開業する方は、特にこの「見込み客」の獲得をある程度してから開店するべきです。

次のページへ >

-リフレクソロジストへの道

Copyright© リフレクソロジー成功への道 , 2019 All Rights Reserved.