就職・開業応援サイト

リフレクソロジー成功への道

リフレクソロジストへの道

3. セルフケアも独自に早く勉強しておこう。

投稿日:

前回の手のケアが優先順位で一番だとは思います。
しかし、指や手首のトラブルでも、その原因は肩こりや肩関節の可動域の減少が原因だったりすることも多いんですね。

TFCC損傷(三角線維軟骨複合体損傷)を起こすベテランセラピストさんもいます。
★ 特に体重がけをするような手技のセラピストさんは注意してください。
★ TFCCに関しては長くなるので、ここでは触れません。ご自身でググって下さい。

そういう方の前腕はカチカチ、上腕もカチカチ。
肩甲骨は外方位。だったりするものです。

こういう状態はセラピストはなるべく避けたいものです。

もちろん、首や腰、膝、その他内臓疾患も含めて自己管理が必要でしょう。

しかし、これって我々がお客様として向かい入れるOLさんたちの…。
デスクワークによるお疲れにも大いに通じるところがあります。

セルフケアの勉強は、ひいてはお客さまへの施術やアドバイスにも活用できることなのです。
無駄がないのです。

自分のために勉強することが、仕事にも生き、お客様のために勉強したことが、自分の健康管理にもなる。
それがセラピストという仕事です。

このセルフケアに関して詳しく教えてくれるスクールはほとんどないと思います。

ハヤミズのスクールは初回の授業は、まずセルフケアに関してお話します。
しかし、こればかりやっていくわけにもいきません。

ですから、どこのスクールに入ったにしろ、セルフケアを独学でもドンドン進めていくべきだと思います。

もちろん、Christopher.Rでは、生徒さんからの質問があれば、セルフケアに関してのお話はしますけど、それはあくまでも「生徒の意識」が高いからこそ…。

「セルフケアの意識」高くもっていきましょう。自分の身を守るために…。
それがお客様への施術と接客にもつながっていきます。

-リフレクソロジストへの道

Copyright© リフレクソロジー成功への道 , 2019 All Rights Reserved.