就職・開業応援サイト

リフレクソロジー成功への道

リフレクソロジー「本当の魅力」

2. 何故、リフレクソロジーにハマっていったのか?

投稿日:

私自身、1990年代後半からリフレクソロジーの世界に入りましたが、ここでは「何故、リフレクソロジーの世界に入っていったか?」を具体的にお話していきます。

ここに居たら気が変になってしまう…。

もともと私は自営業者の家に生まれ、大学卒業と同時に後を継いでいましたが、訳あって1990年代後半は会社勤めをしておりました。

毎日毎日、朝5時に起き、1時間半かけて、JR総武線・K駅まで行き、そこから会社の送迎バス。

10分ほどで到着。それから午前中の仕事開始。お客様問い合わせ係といったら良いでしょうかね?

実際は「クレーム処理係」です。仕事開始で電話のベルがケタタマシク、鳴り始めます。

もちろん、ベルは2回位で取らないと、上司にしかられます。

ですがあまりにも多く電話が掛かってくるので、取りきれません。ビジネスホンですので、ドンドン保留…。 ですが、対応するにも限度があるので、保留していてホッタラカシ。やっと出られると思って受話器をあげても、既に切れてます。20分位保留していることもあったかな? 「保留殺し」と良く言ってました…。

次のページへ >

-リフレクソロジー「本当の魅力」

Copyright© リフレクソロジー成功への道 , 2019 All Rights Reserved.