就職・開業応援サイト

リフレクソロジー成功への道

「成功方法」研究会ブログ サロン運営に関して 成功するリフレサロン経営法

結局生き残るのは、「価格安さ」ではなく「価値のあるもの」

投稿日:

これはハヤミズの業種でなくても、言えることだと思いますが…。
今年になって、近隣のリラクゼーションサロンが2件廃業。

さらに、3,4年やっている中堅のスーパーまでもが閉店するらしい。
もちろん、このスーパーは低価格。地域密着型でやっています。
色々事情はあるのでしょうが…。

リラクゼーションサロンの方は、相場より大幅な低価格。
大体、私ども業界は、10分1,000円 60分で6,000円というものが相場らしい。

それに比べ、60分3,000円とかでやっていたり…、(汗)
今よく使われるクーポン戦略で、90分 3,900円 だったりします。驚きです。

日用品を扱う、スーパーならば、ともかく。
super-market
購入頻度の低い、なおかつ専門性の高い業種で安売りなぞをやれば、自分の首を絞めるだけ…。
安くした分、集客も伴うかと思うと、案外伴わないのがこの私の業界です。

安売りは、自分の価値をさげるだけ、お客様は喜びますが、あなたの家族は悲しむことになりかねない。  何のためやってるいのか?

スーパーだって、淘汰される時代です。
ある意味、メーカーさんのものを扱っていると価格戦略を取らざるを得ないのだと思いますから、それはそれで大変だと思います。

日用品とは異なるものを扱う、来店型の業種の方は要注意ですね。
日用品でないからこそ、差別化もしやすいと思うのです。

価格でなく、価値で勝負。

そんなことは分かっている。といわれるかもしれません。

ならば何が欠けているか?

魅力的な商品・サービスをどうやって多くの人に知ってもらうか?
やはりこの点が大事になってくるのでしょう。

やはりネットスキルは持っていたほうが良いと思います。

価格を下げて、集客する。これはもう「経営」の放棄だと思います。
商人(あきんど)だったら、定価で勝負せいや!
それで売上を上げていく事が、真の経営手腕だと思います。

安売り。
その後の「仕組み」をちゃんと持っている人のみ、許されますね。

それにしても、世の中の変化は進みます。

-「成功方法」研究会ブログ, サロン運営に関して, 成功するリフレサロン経営法

Copyright© リフレクソロジー成功への道 , 2019 All Rights Reserved.