就職・開業応援サイト

リフレクソロジー成功への道

「成功方法」研究会ブログ 成功するリフレサロン経営法

リフレクソロジー。自宅サロンで成功する法(5) 経営規模を考えよう。-年商10万?(4) 口コミは頼むに限りますが…。

投稿日:

kuchikomi

新規のお客様をゲットするのに、一番お金のかからない方法。

それが口コミかと思います。
紹介って言い換えても良いかも…。

しかし、この口コミ、まじめに日々サロン業務をやっていても、何も起こりません。
口コミって自分も最初の頃、勘違いしてたんですが、どうやら「自然発生的」におこるものでは無いらしい。

ゴットハンドやカリスマならば、自然発生的に口コミが起こるかもしれませんね。

でも、今の世の中、ゴッドハンドとかカリスマ自体が、かなりプロデュースされて、世に出てきますからね(笑)

「今年の流行色」
なんてのも業界さんの仕組んだもので、自然発生的なものでもなんでもないし…。

で、そんな中、どうやって口コミを発生させて行ったら良いかというと。

「紹介してください」って頼むのが一番みたい…。

厳密にいうと、口コミと紹介ってニュアンスが違うんですけどね。

口コミって男性客からはまず起こらないと聞くし。
女性客でも、全部が全部、周囲に話すわけではないし…。

で、ビジネスって結局、そんな曖昧な部分に頼っていては危なくてしようがない。
人頼みじゃ危険なんですね。

だから、待ちではなく、攻めで、紹介をしてもらうべきなんです。

そのための名刺やら、印刷物やら用意しておくんですよ。

自分の名前や写真(イラスト)、そしてこだわり・コンセプトそんなものをワンフレーズとか手短に書いて…。

素直に、お客様に…。

「すみません。今度どなたか紹介していただけませんでしょうかm(_ _)m」

って、頼む…。

紹介とか口コミってそんなもののようです。

ただ、頼のみ事をしたということは、あなたとお客様の立場に変化がでる場合があります。

個人的にはこれは「立ち位置」とか「ステータス」に微妙な変化が出てきます。
それは十分覚悟しておいた方が良いですね。

ドタキャン、時間変更、連発になってきたり…。

「このサロンは私で成り立っているのよ」風な態度をとったり…。

そんなお客様になってしまったら…。
それはあなたのせいですよ。 注意してくださいね。

-「成功方法」研究会ブログ, 成功するリフレサロン経営法

Copyright© リフレクソロジー成功への道 , 2019 All Rights Reserved.