就職・開業応援サイト

リフレクソロジー成功への道

「成功方法」研究会ブログ 成功するリフレサロン経営法

リラクゼーションで生計を立てようと思うならば…。 自宅サロンで成功する法(8) 経営規模を考えよう。-年商10万?(7)

投稿日:

nichiyohin

前回は、チラシを2,000枚、ないし1,000枚て…。
そんなお話をしました。

結局のところ、経営って数字を追っかけていくことなんですね。

しかし、大体のセラピストさんは、専門外。
施術はできても、この経営に関するノウハウはあまり持っていなかったりします。

ハヤミズ自体が、もともと小売業の経験者で、色々苦労してきたました。
リフレクソロジーで独立開業するときも、一応の商売の知識はありました。

だから、甘く見ていたんです(汗)

一応は商売の経験はあったつもりでしたが、やはり小売業とリフレクソロジー業・リラクゼーション業では異なる難しさがあるんですね。 

まずは、リフレクソロジーとかリラクゼーションとかは「生活必需品」ではないですからね。
世の中の人は、これらがなくても早々困ることは無いんですね。

そういうものの、集客とか、顧客固定化は、小売業のそれとはちょっと違うんです。

そんな「非生活必需品」で生計を立てて行こうとするならば、それなりのお勉強は必要なわけです。
自分もサロン開業1~2年は相当苦労しました。

なぜなら、多くのスクールは施術テクニックは教えてくれても、集客だの固定化だのは教えないから…。
で、開業後、慌てて、小売業と大きく異なるリフレクソロジーサロンの集客。とか、リラクゼーション系の業種の顧客固定化を勉強してきて今に至るわけです。

まず、この辺も開業する前に、十分皆さんに認識しておいて欲しいところ。

ハヤミズのスクールでは、この経営に関しても、在学中?
それよりも肝心の卒業後に開業した人たちに、事ある毎に色々な機会を通じ、ノウハウを伝えているつもりです。

無くても直接、生活に響かない業種で、売上を上げ、利益を確保していくには、それなりのお勉強が必要だということです。

今日はこの辺で…。

-「成功方法」研究会ブログ, 成功するリフレサロン経営法

Copyright© リフレクソロジー成功への道 , 2019 All Rights Reserved.