就職・開業応援サイト

リフレクソロジー成功への道

「成功方法」研究会ブログ 成功するリフレサロン経営法

チラシは博打じゃありません。計算できるまでにはテストが必要。自宅サロンで成功する法(10) 経営規模を考えよう。-年商10万?(10)

投稿日:

bakuchi

このシリーズの10回目になりましたので、ちょっとまとめてみますね。

年商10万を売り上げるために、毎月8,400円の売上が必要。

そのために、8,400円のコースだったら、一人。
4,200円のコースだったら、二人のお客様が必要。

で、これをネットの印刷屋さんに10日の納品で頼むと、8,400円(コース)のお客様ひとりをゲットするために、1,000枚で2,800円。
4,200円(コース)ならば、ふたりのお客様をゲットするために、2,000枚ですと、4,360円。

で、これは、0.1%のチラシ反応率と仮定してのお話です。
60分4,200円ですと、もうちょっと反応率は高くなるかもしれませんが、それは地域性によるでしょう。

今は駅チカに60分2,980円の多店舗展開のサロンもありますから、昔ほど、この4,200円でも反応率は上がらないかもしれません。

これはやってみないと分かりません。

そう、すべてやってみないと…。
それぞれのサロンの地域性というか、立地というか、そこに住んでいる方たちの属性とかによって変わってくるんですね。

ですから、繰り返しテストしてみないと分からないものなのです。

逆にいうと、一回ぐらいチラシをポスティングしたからといって、早計に判断できないことなのです。

つまり…。

一回配布して、お客様が来なかったから、もうヤメ!

ではなく…。

繰り返し、形を変え(チラシの内容、配布地域、場合によっては価格帯・コース)て、テストが必要なんです。

ですから、自分で身体を動かしてポスティングしても、空振りの時も当然あります。
それはまず、覚悟してくださいね。

チラシ・広告宣伝も「継続」が大事なんですよ。

ハヤミズが最近、自分の生徒さんに言っているのは…。

年間計画を立てて、まず最初に一年でコストをいくらかけていくのか?
予算と考え、計上して下さい! です。

単発的に、チラシを配布していると…。

一回空振りをしてしまうと怖くなって、それ以降止めてしまったりしがちなんです。

新規客がゲットしたら、万歳。
ゲットできなかったら、どこが悪いのかを検証して、次回に活かしテストを繰り返す。
もちろん、お客様がゲットできた時もその要因を考えることです。

これがチラシ配布というものなんです。

計画がなく、行き当たりバッタリな人は、たいていは結果を出せません。
広告宣伝・集客活動を停止したサロンが反映する訳はありませんよね。

広告宣伝を停止した途端に徐々にではありますが、商圏内でのあなたのサロンの「認知度」は下がり始めますよ!
これは実績ゼロの「新規オープンのサロン」にとっては、廃業へのスタートになりますよ!

-「成功方法」研究会ブログ, 成功するリフレサロン経営法

Copyright© リフレクソロジー成功への道 , 2019 All Rights Reserved.