就職・開業応援サイト

リフレクソロジー成功への道

「成功方法」研究会ブログ 成功するリフレサロン経営法

利益のアップの仕方(7) チラシの反応率-2 リフレクソロジー・自宅サロンで成功する法

投稿日:

kishosei

ここのところ忙しくて、久しぶりの更新となりました。
にもかかわらず、さらに新しいブログも立ち上げる予定でいます。
そちらも始まりましたら、このブログでご案内いたしますね。

で、チラシの反応率のお話の続きです。
反応率を上げるには大体以下の要素が必要だってことを提示させていただき、初回はオファーについて話しました。

オファー
希少性
季節感
信頼感
権威性
安心感
使命感
驚嘆

今回は、その次の希少性について解説していきます。

これはもう、商売である以上必要不可欠な要素ですね。
日用品ならばともかく、非日用品であるリフレクソロジーとかリラクゼーションならば、なおさら必要な要素です。

大体、どこ行っても同じものって「日用品」なんです。
で、結局メーカーもんだったら、どこで買っても一緒なので、価格の安いところで買うんです。
価格競争に巻き込まれるのが日用品なんです。

でもうちらのような業種はそれでは困りますよね。

隣近所のサロンと同じことやっていたら…、
結局どこへ行っても同じ。ってことになります。

だから、あなたのサロンに行かなくったって、他のサロンで用が済んじゃうってことです。

リフレクソロジーとか、リラクゼーションって日用品じゃないんです。
ですから、購入頻度(来店頻度・利用頻度)も、食料品とかと違って、グンと少ないんです。
通常は月に一度の来店が多いかと思います。
治療系ですと、週一とか、二週間に一度程度…。

そんなもので、どこに行っても同じなんて、見込み客さんに思われていたら…。
当然、サロン経営が上手く行くわけ無いでしょ?

お客様はそれでも構わないし、逆にセレクトする手間が省けますから、嬉しいのですが、サービスを提供している我々からしてみると…。

それでは困ります!

多店舗展開しているところは、看板がブランド化すれば、逆に全国どこのサロンに行っても同じなので、そういう場合は強みになりますけどね。

ホームサロンとは別世界の話で、ホームサロンではひたすら、この希少性の追求をしなければなりません。
そうしないと、

「あなたのサロンに行く必要性がないのです」
こだわりって言い換えても良いかも…。

他店を押しのけて、
「あなたのサロンじゃないと用が足りない」

ここを目指すべきで、これは、チラシ云々よりも前にやらなければならないことなんですね。

コンセプトの確立。

コンセプト自体が、独自性がないと、やっぱり集客って難しくなりますよ。

でも大体のホームサロンさんのキャッチコピーにありがちなのが…。
「隠れ家サロン○○で、癒されませんか?」的なもので、どこも一緒なんですね。

名前は伏せますが、某無料ブログサービスで、サロンのホームページみたいに使っているサロンが多くあります。
特にホームサロンに多いかな?

もう、どこもかこも、似たり寄ったりなんですね。

完全にお互いに埋もれさせ合ってい状態…。

とんがった、ひときわ目立つ何か? を目指しましょう~。
他店にはない、希少性を感じる何か?

それは何でしょう?

それは…。

オーナーであるあなたの仕事です。
ココで提案しても、その行為次第で、すでに希少性は無くなります。

ひとつ言えることは、

何も施術テクニック上の希少性でなくても良いかと思います。

サービスの面での希少性。
サロン作りでの希少性。
オーナーさん自体が個性的過ぎて、希少性を感じるとか…、

色々な角度から希少性を探ってみてください。

そしてそれをチラシで表現するのです。

-「成功方法」研究会ブログ, 成功するリフレサロン経営法

Copyright© リフレクソロジー成功への道 , 2019 All Rights Reserved.