就職・開業応援サイト

リフレクソロジー成功への道

「成功方法」研究会ブログ 成功するリフレサロン経営法

利益のアップの仕方(9) チラシの反応率-4 リフレクソロジー・自宅サロンで成功する法

更新日:

4seazon

前回はチラシ作成において、希少性の要素を織り込むには、その前提として明確な「コンセプト」の存在が必要であるとお話しました。

今回は、ちょっと楽な「季節感」

これは皆さん、何となく理解できる要素ですね。

これは施術中、施術後のトークなんかでもそうですし、チラシだけでなく、ホームページの作成でもそうですし、ブログでどんな記事を書くか? なんてことにも通じていくんですが…。

集客するには、まずチラシを見た、見込み客さんの感情を動かす必要があるんですね。

簡単に言えば、チラシを見て…。見込み客さんが…。

「ほほ~」とか
「へぇ~」とか、
「なるほど~」とか、
「あるある~」とか、

そういう感情の動きを引き出さないと、そのチラシはごみ箱に直行なのです…。

たとえば、チラシ中の文言で、「ほほ~」とか、「へぇ~」とか、「なるほど~」とかは、あなたが専門的な内容を表現した部分でしょう。
これは、後日お話する「信頼感」って要素のことです。

で、「あるある~」「そうそう~」って部分は、チラシの中で見込み客さんが「共感」を示す内容を表現した部分になります。

この「共感」の感情を引き出すのが、多くの見込み客さんが共通して感じる…。共通して体験する(した)事象の表現です。

ここの一つに「季節感」というものが存在します。

「夏は暑い」「冬は寒い」
これは、同じ商圏内に住んでいる人はほぼ同じ感覚を持ちますよね。

「春は入学、入社」
「三月は年度末」
「5月はGW」
「12月はクリスマス」

これが季節感に関係してくる気候・イベントに当てまります。
こういう季節感に絡めて、チラシ内で表現すると…。

ある意味、見込み客さんの「季節感」だけではなく、「高揚感(ワクワク感)」を引き出す場合もあります!

見て楽しいチラシも印象に残りますよね!
色々試してみてください。

なお、季節感とは少し離れるお話ですが、お金を出費する人間の心の動きって大事なんですよね。

 「人は感情で購入し、理性で正当化する!」

「うわ~っ! このワンピカワイ~、買っちゃおう」これが感情!

「うん、今度パーティーに来ていく服がない、恥かいちゃうしね!」 これが正当化!

人が出費する時。
特に非日用品・贅沢品を買う時って、多くのこのパターンらしい~(笑)

-「成功方法」研究会ブログ, 成功するリフレサロン経営法

Copyright© リフレクソロジー成功への道 , 2019 All Rights Reserved.