就職・開業応援サイト

リフレクソロジー成功への道

「成功方法」研究会ブログ 成功するリフレサロン経営法

利益のアップの仕方(11) チラシの反応率-6 リフレクソロジー・自宅サロンで成功する法

投稿日:

keni
利益アップのためにチラシの反応率をあげましょうと言うシリーズ。

再び、その要素をズラリと上げてみると…。

オファー
希少性
季節感
信頼感
権威性
安心感
使命感
驚嘆

…、となります。
これはチラシの反応率を云々する先生方によって言葉の表現が違う場合もありますが、中身はほとんど同じかと思います。

で、今回の要素は「権威性」

小規模サロンや、OLさんや主婦の方で、自宅サロンを開業する人には、この「権威性」をチラシの中で表現するのが一番難しいかと思います。

たとえば誰でも知っている人に「推薦文」をもらったとかは、それを掲載。
そういうことですね。

これが国立大学医学部の某先生だったりすれば、いーわけです。
ねっ? なかなか難しいでしょ。

ちょっとレベルは落ちますが、あなたがサロンに就職していて、その後開業したなんて場合。
そのサロンがそこそこの知名度があったたならば…。
「○○○○」に勤務してました誰それです。

そんな表現になるかと思います。

で、この権威性でのある意味「戦略的」なやり方も無くはないです。

「○○○○」という雑誌に掲載されました…。
とか、やってるサロンをたまに見かけたことがあるかと思いますが…。

その雑誌がひと様に知られているものならば…。
「マスコミに取り上げられたんだぁ」となるわけです。

これと同じようなもので…。
「○○○○出版社」から「○○○○」という本を出版しました…。
この「本を出してます!」ってのも、ある意味「権威付け」になるわけです。

ただ、この最後の雑誌掲載と、出版は演出が可能なんですね。
お金さえ払えばなんとかなります。

雑誌で、5万から10万以上。
出版で、100万以上…、かな?

もちろん、雑誌社や出版社がそういう「やり方」をしている所ならば…。ですよ。
先方としては、売上となり、サロン側からすれば「広告宣伝費」みたいなもんですよ。

これで、雑誌に載ったり、本を出したりすれば…。

「○○○○」という雑誌で紹介されました。とか…、
「○○○○」という本を出版しました。とか…、

チラシでも言うことができ、めでたく「権威性」の表現となるわけです。
これに関しては、チラシだけでなく、Webサイトでも使える技ですね。

詳しくは、営業妨害になりますから、これ以上は言いませんけど。
ハヤミズの生徒さんとか、セミナーなんかでは正直にお話しております。ハイ。
お金がある人には、いーかもね。

-「成功方法」研究会ブログ, 成功するリフレサロン経営法

Copyright© リフレクソロジー成功への道 , 2019 All Rights Reserved.