就職・開業応援サイト

リフレクソロジー成功への道

反射区大辞典 頭部・頸部の反射区

耳管の構造も知っておこう。

投稿日:

耳管とは、中耳という枠組みの中の
 ひとつの器官です。

 中耳の内圧を調整する器官です。
 イラストはハヤミズの手書きです。
        
以前、花粉症に悩まされていた時期、  通販の鼻うがいの器具を買い込み、
適当に使っていたら、急に耳が詰ったようになってしまいました。

これは「耳管狭窄」というもので、耳管が狭くなってしまった状態です。
耳鼻咽喉科の先生にいたく叱られたものです。 

■ リフレクソロジストだったらこれは覚えておきましょう!

「耳管」とは中耳の内圧を調整する器官です。下のイラストのように「中耳」を構成するひとつの器官と覚えておきましょう。

電車に乗っていて、トンネルに入ると、耳が詰ったような違和感を感じたり、エレベーターに乗っているときに、耳の閉塞感を感じたりする経験は、誰しもあるかと思います。その時に、生唾を飲んだり、あくびをすると開放された感じがしますね。

そのときは、耳管の喉側の部分「耳管咽頭口」というのが開いて、内圧が調整されるのです。

図の下のコメントに、「耳管狭窄」という耳管が狭まってしまう状態のことを書きましたが、これと反対に「耳管拡張症」というものあります。これも同じように耳が詰まったような症状が感じられます。同じようなので混同しないように。

こういうお客様には、耳鼻科のお医者様に行くようにアドバイスしましょう!

力不足?でしょうけど、残念ながら、リフレクソロジーですべてが解決することはありません。

-反射区大辞典, 頭部・頸部の反射区

Copyright© リフレクソロジー成功への道 , 2019 All Rights Reserved.