就職・開業応援サイト

リフレクソロジー成功への道

反射区大辞典 頭部・頸部の反射区

三半規管とは?

投稿日:

耳には多きく分けて二つの役割があります。
ひとつが内耳にある蝸牛。これは聴力をつかさどります。
あとのひとつがやはり内耳にある「三半規管」

三半規管は、体の平衡感覚をつかさどるところです。
ここにトラブルが発生すると「めまい」が起きます。

★ イラストはハヤミズの手書きです。

■ リフレクソロジストだったらこれは覚えておきましょう!

半規管が3つあるので「三半規管」といいます。

それぞれが垂直の関係になっていて、中にはリンパ液が流れています。体の姿勢や移動などの動きを3つの半規管がX軸、Y軸、Z軸の関係から瞬時に判断して体の平衡感覚を保っています。

恐ろしく、巧妙な器官ですね。特に重力に逆らって、二本足で立つ人間には重要な器官ですね。

反射区のページでも述べてます、「良性発作性頭位めまい」はこの三半規管に剥がれ落ちた耳石という物質が浮遊し、内部のリンパの流れを妨げるので、めまいが感じられるようになります。

三半規管は、「後半規管」「水平半規管(外側半規管)」「前半規管」に分けられますが、上記のめまいには「後半規管」と「水平半規管」のトラブルが多いようです。

★ めまいは、まだまだ色々な種類があります。重大な疾患が隠れている場合がありますので、ご注意下さい。

★ リフレクソロジストは、医師ではありませんので、お客様に診断名を自己判断で告げてはなりません。お客様を精神的にも傷つけることのないように注意して下さい。

-反射区大辞典, 頭部・頸部の反射区

Copyright© リフレクソロジー成功への道 , 2019 All Rights Reserved.