就職・開業応援サイト

リフレクソロジー成功への道

「成功方法」研究会ブログ リフレクソロジストのFacebook リフレクソロジストのSocialmeida

セラピストによるソーシャルメディア活用法(2)

投稿日:

これは、Facebookの使い方とか、Gooogle +の使い方とかの話ではありません。

自分の本業にどう活用していくかのお話し。

早い話が、FBなどで目立とうと思えば、いいね!をたくさんもらったり、
コメントをたくさんもらったり、
そうなるように活動しなければいけませんね。
あと、友達申請をしていったり…。

自分も今年の春先の3ヵ月間集中してやりました。

それ以上はとても無理です。

ハヤミズにとっては、日々の施術、授業、ネットショップの運営。
その他もろもろあるわけで、ソーシャルメディアの活動が本業ではありません。

一時期、集中してやることは必要ではありますが、だらだらといいねの数やコメントの数、
友達の数を増やすことに貴重な時間を費やすのは賛成しません。

目的は何? 本業を活性化させるためのソーシャルメディアなハズ。

いっとき、集中してやると、それはやはりいいねやコメントの数は増えます。
友達申請もこちらからではなく、申請されることも多くなります。

自然とKloutの数値も高くなります。

しかし、これをずっーとやっているわけにはいかないのです。

どちからというと、続けらないことをいつまでもやっていても仕方ない。
早々に切り上げて、続けることの出来るやり方を考えていかないとダメなわけです。
自分はそういう考えで来ました。

本業が忙しくて、ソーシャルメディア上の活動が疎かになるとどーなるか?

あれだけ多かった、いいねやコメントの数が、ジリジリと少なくなって行くのです。(笑)

セラピストの日常で次のことが継続的にできるでしょうか?
・とくにかく、PCの前にいるか、スマホをいじり倒す。
・頻繁に開かれる「セミナー」に参加。その後の懇親会などに参加。
・リアルであった場合は、極力写真を撮って、ソーシャル上にアップ。

セミナーや懇親会は、平日でしたら、19時以降。帰宅は午前0時近くになるか、
または土曜日か日曜日の日中にから夜間にかけて開催されます。
これはお勤めの方たちを対象にしているからなんだと思います。

どうですか、セラピストの皆さんは参加できますか?

続けたとしても、その代償として、お客様の予約をお断りするか、
サロンを早じまい、場合によってはお休みする…。

正に本末転倒の状況になってくるのです。

さらに、いただいたコメントには、コメ返しもし、いいねも相手に返してあげないと後ろめたさが出てきます。
睡眠時間を削ってやっている人も多く見てきました。

熱心な方ほど、しばしば体調を崩している様子も見てきました。
セラピストがこんなんじゃ、お客様を癒すどころではないわけです。

そして、
挙句の果てには「ソーシャル疲れ」といわれる状態になってきますね。

でも、それ位やらないと、いいねやコメントの数は維持すらできなのです。
急に減ることはないのですが、確実にジリジリ減っていきます。(笑)
そして、拡散力も小さくなっていくのです。

こり無理だワイ。と判断した自分は、ある意味今年の後半は、どの程度減っていくのか?
誰がその後も、いいねやコメントをくれるのか? 誰が姿を消していってしまうのか?
観察することにしました。 

嫌な奴です。(汗)

でもそれでその方たちをどうこう判断するつもりは全くありません。
みなさん、大変なのは良く変わっているからです。無理もありません。
みなさん、貴重な時間を費やしてやっているのです。
みなさんが、大変真面目で、真剣にソーシャルメディアに向き合っているから故。

反応のないハヤミズには、関わっている時間は無いのです。

考え所ですね。

では、やる必要はないのか?

いやいや、やっぱりならないとダメなんです。

次回に続く…。

-「成功方法」研究会ブログ, リフレクソロジストのFacebook, リフレクソロジストのSocialmeida

Copyright© リフレクソロジー成功への道 , 2019 All Rights Reserved.