就職・開業応援サイト

リフレクソロジー成功への道

「成功方法」研究会ブログ リフレクソロジストのGoogle+ リフレクソロジストのSocialmeida

やっぱり…。実は非常に恐ろしいことになっている「G」包囲網。

投稿日:

「Google包囲網」

自分が、この言葉を使ってから、2年位になっていると思います。
Google+が始まったころからですね。

すべてのサービスで連携を取ろうという戦略。
そこにはAndroidスマホも大きく関係しています。

G+は日本においては、現状やっと利用者が増えてきた程度。
少しずつ、「あっ、やって無いとマズイらしい。」ぐらいの認識の人が増えてきた程度。

実は、自分はあまりG+はやれていない。
しかし軽視している訳ではなく、一見、遠回りだけど重要な部分から手をつけているんですね。

それが、YouTubeです。ここが非常にキーを握っているサービスだと思います。

自分も明確にまだ言えないのですが、何となく…。
かなりヤバイことになっていきそうな予感がするんです。

Googleは、おそらくG+の中で活発に活動することをユーザーに期待しているのではなく…。
Google系のサービスを多用してもらいながら、外へ外へと広がろうとする人を「上へ、上へ」と押し上げようとしている「感触」があります。

Googleの色々なサービスを、世界中のユーザーに知らしめてくれるような「Gooogleサービスに特化したインフルエンサー」を作ろうとしているのだと思います。

これはあくまでも現時点での推測ですが、FBページ以上にG+ページって使い物にならないような気がします。
Googleは、そこを考えているのではないような気がします。

そもそもSNSというのは狭い世界。
Google大先生は、得意分野ではないし、そんなところはFBに任せた…。
やるだけやらせておいて、落ちてきたら、自分んところで傘下に収めればいーんじゃないの…。
そこまで考えているかな? 分からないですけど…。

G+で単に「ユーザーを囲い込もう」としているのではなく、さらなる一般ユーザーの拡大と濃厚な使用を期待しているのではないかと思います。

自分でやって改めて、背筋の寒くなるような思いをしました。

それが下記URL のページです。何かは言いません。 よく考えた方が良いです。
動画も最後の最後まで見てください。大事な部分は一番、最後にもあります。
★現在はPCで見ないと効果が分からないですね。この部分は今に始まったものではないのですが…。

https://www.refle-school.jp/reflezone/2550.html

当初、FBに続いて、真似っこしてGもサイトへの埋め込みが出来るようになった~。
そう、面白がってやってみて気が付かなかった…。

で、YouTubeで最近ごちゃごちゃやっていて、このページを見て「あっ!」っと気が付いたわけです。

この辺の仕組みをよく理解し、手堅く実践していく人と、「訳わかんない」で済ませてしまっている人だと、近い将来かなりの差が出てしまうと思う。
もちろん、Google先生のエゲツなさは、まだまだ未完。

ただね~。
特に日本は対応がされなかったり、米国に比べスイッチの入るのが遅かったりしますからね。
日本はちょっと予測しくにい過去がある…。

たぶん独自文化をもつ先進国として日本は非常に扱いにくい国なんだと思います。

初音ミク→ ボーカロイド→ YouTube → きゃりパミュ 

オタク文化が、YouTubeを使って世界的な広がりを見せてしまっている…。
扱いにくいんだと思います。 

日本という国はポテンシャルを秘めていて、さらに西洋と東洋の分けだけじゃ済まない、独特の…。予測のつかないところがある…。
いまだにYahooの方が利用者多いし、だから、AKBに頼るようにもなっちゃう。
でも、逆にうまく日本を使いこなせば…。発信力はあるし…。 

ひとつ、言えることは…。
ネット上で何かをしようとする人は…。
「iPhoneとかで遊んでいる暇は無いっすよ」

-「成功方法」研究会ブログ, リフレクソロジストのGoogle+, リフレクソロジストのSocialmeida

Copyright© リフレクソロジー成功への道 , 2019 All Rights Reserved.